本厚木のぜんば歯科の精密根管治療

ぜんば歯科クリニック

診療予約
046-295-8885

Root canal treatment

根管治療

  1. HOME
  2. 根管治療

Root canal treatment 根管治療は歯を守るために
 大切な歯科治療です

根管治療

根管治療とは一般的には歯の根(根管)についての治療の事を指します。歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先のほうの小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。
この歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。
このような症状を改善させるには歯髄を除去して歯を残す治療をしなければなりません。

根管治療の種類

抜髄根管治療(神経を抜く根管治療)

歯の根の管を根管といい、通常、根管の中には神経や血管が存在します。虫歯が進行し、神経まで達する事により痛みが強くなると、残念ですが根管内の神経を取り除く必要があります。また痛みなどの症状が無くても、虫歯を除去し、神経が出てしまった場合(大きさによる)、その状態によっては神経を残せない場合もあります。そして神経を取った後、根管内を消毒し、材料を詰め、菌が繁殖しない様にします。これを抜髄根管治療といいます。

感染根管治療(神経が無い歯に対して行う根管治療)

以前、抜髄根管治療を受けている歯、もしくは何らかの原因で神経が死んでしまった歯の根管に対して行う治療です。根管内に汚染物質が存在し、それを徹底的に除去、洗浄、消毒をし、最終的に根管内を緊密に材料で詰める治療です。

可能な限り歯を残す当院の根管治療

可能な限り歯を残す当院の根管治療

根管治療は虫歯が深く歯髄に達していれば、虫歯治療とセットで根管治療がおこなわれるくらいポピュラーな歯科治療のひとつです。

しかし、一見、どこの歯科医院でもおこなっている根管治療なのですが、非常に細い歯髄を探りながら処置をしていきますので、実は難易度の高い治療なのです。

しっかり根管治療をしなければ、再び根の先の病巣が悪化して再治療や抜歯をせざる負えないこともあるのです。

当院では、再治療や他医院で抜歯を宣告された患者様に対して歯を残す可能性があるのならば、あらゆる可能性を模索します。「どうしても歯を残したい」、「再治療が多く一向に改善しない」などのお悩みの方は是非当院にご相談下さい。

根管治療が必要となるケース

  • 虫歯が進行し、痛みが強い場合
  • 食物を噛むと痛む
  • 無症状だが、レントゲンで根の先が黒く、影が見える
  • 歯茎に白いできものが有る(膿の出口)
  • 歯茎が腫れて痛む

デジタルマイクロスコープを用いた根管治療

マイクロスコープを用いた精密根管治療(マイクロエンド)は、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認でき、より精密な歯の根の治療が行えます。

マイクロエンドでは、術者の経験と勘だけに頼るのでなく、このようにマイクロスコープを用いることで術視野を拡大し治療を行えるので精度は格段に向上します。

また、当院のデジタルマイクロスコープは最大80倍まで拡大できるものを導入しております。

マイクロエンドに適している方

  • 他医院で抜歯を勧められた方
  • 歯の寿命を延ばしたい方
  • 被せ物にセラミックスを御希望の方
  • 根管治療を受けたが症状が改善しない方