本厚木のぜんば歯科のセラミック治療

ぜんば歯科クリニック本厚木の審美歯科

診療予約
046-295-8885

Aesthetic dentistry

セラミック治療

  1. HOME
  2. セラミック治療

Aesthetic dentistry 機能と審美を
 融合したセラミック治療

審美セラミック治療

当院のセラミック治療は見た目の美しさ(審美性)はもちろん、機能性にも焦点をあて、銀歯などの金属を使わないでオールセラミックやジルコニアなどのメタルフリーの素材を使って治療をすることで、金属アレルギーや金属イオンによる歯肉の黒ずみのリスクを減らすことを考慮した治療をします。
見た目も金属を使用しないので、白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。
今後の歯科治療は金属を使用しないメタルフリーの治療がスタンダードになると言っても過言ではないでしょう。ぜんば歯科クリニックでは金属を使用しないメタルフリーによるセラミック治療をしております。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

身体に優しいセラミック治療

身体に優しいセラミック治療

審美セラミック治療はお口の中の金属のつめものや被せものを白くしたい、歯を白くしたい、歯並びをよくしたい。

このような歯本来の機能だけでなく、見た目のお悩みもセラミックスの材料により、歯本来の美しさに近い状態を取り戻すことができます。

また、セラミックは金属を用いないで治療(メタルフリー)をするため身体に優しい治療といえます。特に金属アレルギーの方には最適な治療です。

銀歯で金属アレルギーを引き起こされることもある?

日本の保険診療ではパラジウム、クロム、鉄、コバルト、マンガン、ニッケル、亜鉛、銅、プラチナ、銀などの重金属が使われています。

これらの金属が口の中にインレーやクラウンに使用することにより、ゆっくりと溶け出しアレルギー反応を起こすことがあります。これを金属アレルギーと言います。

※金属アレルギーの主な症状。

  • 口腔内に膿胞や発疹、口内炎
  • 舌がピリピリする
  • アレルギー性皮膚炎
  • 皮膚のかゆみやかぶれ
  • じんましん
  • 頭痛 etc…

 

金属アレルギーの方やリスクを回避するために金属を使用しないメタルフリーによるセラミックの治療が最適です。

従来の素材とセラミックの比較

詰め物や被せ物の補綴物(ほてつぶつ)には様々な種類があります。ここでは代表的な補綴物を比較しています。

  1. 銀歯
    【保険○】

    銀歯

    『利点』
    金属なので丈夫、保険適応内なので安価。

     

    『欠点』
    銀の詰め物、被せ物なので目立ち見た目が良くない。金属アレルギーのリスクがある。

  2. 硬質レジン
    【保険○】

    銀歯

    『利点』
    白いプラスチックの素材なので目立ちにくい。部位により保険適応内で安価。

     

    『欠点』
    セラミックのような透明感がないので審美性に欠ける。また、変色や摩耗、破損しやすい。特に前歯部の治療には適していない。

  3. メタルボンド
    【保険×】

    メタルボンド

    『利点』
    見た目が天然歯に近い白い色を出せる。内冠に金属をしようし外冠にセラミックを使用するので強度が強い。

     

    『欠点』
    内冠に金属を使用するので、年数が経つと金属との接着面の歯ぐきが黒ずむこともある。金属アレルギーのリスクがある。過度の力が加わると破折することもある。保険適応外である。

  4. ハイブリッド
    セラミック
    【保険×】

    ハイブリッドセラミック

    『利点』
    セラミックとレジンを混合した素材なので、白く美しい色を出せる。硬すぎず弾力性があるので対合歯を傷めにくい。金属アレルギーのリスクがない。

     

    『欠点』
    オールセラミックスと比べると色調のバリエーションが少ない。またやや摩耗しやすい。過度の力が加わると稀に破折することもある。保険適応外である。

  5. オールセラミック
    【保険×】

    オールセラミック

    『利点』
    強度が強く、色調のバリエーションも多く自然な仕上がりが期待できる。摩耗しにくい。歯ぐきの黒ずみの心配がない。金属アレルギーのリスクがない。

     

    『欠点』
    過度の力が加わると稀に破折することもある。保険適応外である。